忍者ブログ
護身術を最短で学ぶ方法
護身術を最短で学ぶ方法が分かる,ケネス・ダニエル氏の「米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング」を紹介しています。日常生活において、あなたの身を守れるのはあなただけ。
Admin / Write
2015/07/19 (Sun) 20:22
老人


■お年寄りを甘く見る不良を撃退




あなたが70代前後の
お年を召された方(老人)であれば。

今時のチャラい若者・不良共の目に余る
迷惑行為は許せないものでしょう。


そんなチャラい若者を見かけたあなたは、
腹立たしくて仕方ない。

でも、何かしらの迷惑行為をしている
奴らを注意すれば、殴られる。


それぐらい、奴らは社会的常識がない。

いえ、完全に頭がおかしいです。


喧嘩なれている奴ら相手に、
喧嘩慣れしてないアナタにとっては不利です。

でも、あなたが見いつけるべき技術は、
喧嘩ではありません。


力が必要ない護身術です


ケンカで勝つとはいうものの、別にそれが、
自分も喧嘩の技術を取り入れなくては
いけないわけではありません。

要は、相手を撃退できればいいのです。


力が必要ない護身術ですが。

例えば、襟首を掴んでくる力の強い相手を
本能に即した方法でぶっ飛ばすのです。



相手が因縁つけてくる時が大抵この、
例外なく襟首を掴んできます。

あなたが本能のとおり、動き、
同時に相手をぶっとばすと、
相手は恐れをなして退散するでしょう。


それくらい、力が必要ない護身術ですが。

あなたが70代のご年配で、
力に自信がなくとも、心配ないのです。




⇒不良を撃退する護身術を身に付ける
(当ブログのトップへ)





PR
2014/07/29 (Tue) 02:10
バット


■店内でバットの素振りは禁止のハズ




アナタが野球を部活動などでやっている
学生さんなら、スポーツ用品店に行き、
野球関連の商品が並んでいる所に行くと思います。


例えば、バットを買おうとする時、
売られてるバットを手に取り、
自分に合うかじっくり眺めますよね?


さすがに、店内でバットの素振りは
禁止されてます。

が、ある日、それを平気でやる
キチガイな餓鬼がいました。


小学6年生くらいの男の子でした。

近くにベビーカーに乗ってた赤ちゃんも
いたので危ないなーと思いました。


で、私が彼に注意しに言ったら、その子供、
なんて言ってきたと思います?

言ってきたというより、完全に暴言ですが



「ウルセー!
 ブッコロスぞゴラァ!」




●小学生からヤンキーという今の日本




普通の小学生の男の子と思ってたら、
列記としたヤンキーでした。怒

道理で背中に「喧嘩上等」の刺繍がある
ジャージを着てたわけでしたよ。


当然、私に対し、ソイツは手に持ってた
売り物のバットを向けてきて、
今にも殴ってきそうな様子でした。

でも直ぐに、店員の人と警備員が駆け付け、
そのヤンキーを取り押さえました。


あんな大声だしたら異変に気付きますよね。

この時私が思ったのは、ヤンキーごときに
命奪われることに恐怖したというより・・・



幼い頃からヤンキーになる
男の子があまりにも多すぎる
今のおかしな日本




このことに危機感を抱き始めました。

仮に、護身術を身に付けていて
そのヤンキーを撃退できたとしても、
どうも虚しいと言いますか、悲しいです。


まさに、不況真っただ中な日本が生んだ
汚れた国民がコレです。

いえ、ヤンキーになんてなってる
場合かよ!とさえ思いました。


「やっぱり男の子ってこんなもんでしょ。」


なんて、気品ある女優ぶった言い方をする
女性が多いのもまた事実ですが・・・



おいおい!
その男の子を産んだのはどこの誰だよ?
産みの親であるアンタら女だろ!




とさえ思ってしまう。

いや、そう叫びたい。


男の子を生むのが嫌なら結婚するな。

お腹から出るのだって苦しいハズだから。


そんな母親に生み出された男の子が
ヤンキーになる理屈はわかる。

けど、やっぱり納得できない。



●ヤンキーに命乞いしたらダメ!




まして、日常生活の中において、
道端でヤンキーに遭遇して恐喝されて、
すんなりお金を渡すなんて大馬鹿です。

ヤンキーは馬鹿以前の社会問題ですが、
ソイツらの言いなりになるのは愚かです。


だって、日々働いて稼いだお金でしょ。

何でお金の使い方を知らないヤンキー
なんかにすんなり渡しちゃうの?


怪我を負わされるのが怖いなら
今のうちに護身術を身に付ければ良い。

どう考えても治療費より
護身術を学ぶ方が経済的に易しいですし。


近所に護身術の教室が無いなら
ここで紹介している、兵士も身に付けた
護身術を参考にすれば良いと思います。



ヤンキーと一般人、
どちらが生き残った方が良いか。

人間として育てられたあなたなら
直ぐに分かりますよね?



⇒ヤンキーを撃退する護身術を身に付ける
(当ブログのトップへ)





2014/07/08 (Tue) 09:23
歩きスマホ


■歩きスマホ中にヤンキーがぶつかって来た!




アナタがスマホを日常的に使っているなら
聞きますが、歩きスマホをしていませんか?

歩きスマホは、他の歩行者とぶつかったり、
鉄道のホームから転落してしまったりと
色々と危ないです。


が、もっと危ないことが。

それは、自分の目の前にヤンキーが
いるとも知らずにぶつかって
しまったら?



その時はどうしますか?

脅かして申し訳ありませんが、
こういう危険性って0ではないです。


あるいは、ヤンキー共が歩きスマホをする
アナタを目撃して、わざとぶつかります。

そして



「慰謝料払え」



とかワケの分からない
ことを連呼して恐喝しようとします。

女学生が犠牲になった場合、
無理やりにでも付き合わされそうになったり
人ケの無い場所へと連れて行かれる危険性も。


だから、ヤンキーとぶつかった時や
遭遇した時のために身を守る護身術を
身に付けることを推奨しています。


同時に、これを期に歩きスマホなんて
きれいさっぱり止める事ですね。


視力だって悪くなりますし、
ずっと下向いていれば姿勢も悪くなります。

何より、何だかんだ言ってみっともないです。


元はと言えばアナタが前を見ていれば
何のトラブルも起きないものです。

それでも、相手がわざとぶつかるようなら、
その時は護身術を使う時です。


理解されたら、どうぞコチラ↓のページへ。



⇒一般人が使える護身術を身に付ける
(当ブログのトップへ)





2013/03/03 (Sun) 14:42
軍隊


■日本では知られない海外の護身術




あなたは、コンバット・ファイティング
(COMBAT FIGHTING)
という護身術をご存じですか?

その護身術が、世界各国にて試合が
行われてると思いますか?


そのようにお考えでしたら、
コンバット・ファイティングには、
試合という言葉は存在しない事を
この機会に知ってください。


レスリングやボクシングをはじめとする
格闘技に加えて、柔道、空手、合気道など
武道とは根本的に異なるものなんです。


もしかしたら、日本に住んでるばかりに
このコンバット・ファイティングを
採用している組織を知らないかもしれません。

海外ではその逆ですが、この護身術を
採用しているところは以下の通りです。



・米国のFBI

・SWAT

・U.S.NAVY SEAL(海軍特殊部隊)

・空軍特殊部隊

・イスラエル軍

・イスラエル国家警察・保安局

・反テロリスト部隊

・スウェーデン軍




あげだすとキリがありませんが、
これは一例にすぎません。

イスラエル式コンバット・ファイティングが
試合もないのに世界中の軍隊で採用
されてる理由が分かりますか?


採用している軍隊、警察、特殊部隊は非常に多いです。

理由としては、以下の2つがあげられます。


1:完全に実戦に対応している

2:本能的な動きを利用しているのでマスターが容易で早い



軍隊や警察といった、犯罪を取り締まる
組織が採用しているということは、
格闘技というスポーツではない理由も
理解できるのではないでしょうか。



●実戦護身術が生まれたワケが・・・




そうです、悲しい言い方をしますが

・自分の身を護るためだけに

・生き残って帰るために


ただそれだけで考案された実戦護身術です。


またの名を、イスラエル式
コンバット・ファイティングと言います。


名前の通り、この護身術は
イスラエル発祥なんです。


つまり、今でも戦火の絶えない
世界最大の紛争地帯から来たのです。



常に生死の境目を歩んでいる
イスラエル軍が命懸けになる。

そのための


・生き残るための戦闘術です



スポーツには基本的にルールがあります。
が、コンバット・ファイティングには
そのルールがありません。



これって、ヤンキーの喧嘩と似てません?

喧嘩だってルールが存在しませんから。


相手が気絶又は死亡するまで続ける、
それが喧嘩というものです。


でも、アナタはヤンキーなんかの喧嘩に
巻き込まれたくないですよね?


ルールが存在しない喧嘩に打ち勝つには、
ルールが適用されない護身術で
身を守るしかありません。



逆に言えば、この護身術を身に付けることで
日本国内のヤンキーは子供同然に
見えてしまうでしょう。笑

それくらい効果抜群なんです、コレ。



⇒一般人が使える護身術を身に付ける
(当ブログのトップへ)





プロフィール
HN:
Naokito
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1986/07/21
自己紹介:
無類のヤンキー嫌いです。私に言わせると日本国内のヤンキーはイスラムやイランのテロ・武装集団と同じです。だってどちらも人の命を何とも思ってないでしょ?
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]