忍者ブログ
護身術を最短で学ぶ方法
護身術を最短で学ぶ方法が分かる,ケネス・ダニエル氏の「米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング」を紹介しています。日常生活において、あなたの身を守れるのはあなただけ。
Admin / Write
2020/03/12 (Thu) 02:46




■とても少ない護身術教室



世の中、特に夜道はとても物騒です。

だから、アナタを始め大勢の人は
護身術を身に付けようと検討しますよね。


では、どこで習うのかと言いますと。

真っ先に思い当たるのが
護身術教室ではないでしょうか。



現在、護身をご教授する教室を
アナタはお探しとお察しします。

ところが、いざ探してみても・・・



全国的に見て少なすぎる



というのが現状です。

その教室が少ない理由が恐らく


・そもそも需要がない(教室運営費がかかる)

・空手や柔道で十分と考える人が多い

・習いに来る人が少ない

・教える人も少ない


ということが考えられます。

確かに空手教室や柔道場であれば、
全国的に見て多いですからね。



●空手教室に通えば良い?







アナタが住まわれてる地域に、
近所に空手教室や柔道場があるばら、
そこに通えば良いだけの話ですね。

空手が柔道、もしくは合気道でも良いです。


ただ、武道だからと言って
自分がどれに向いているか、
やってみないとわからないものです。


こればかりは何とも言えません。


なので、アナタ自身が

「コレを習おう!」

と決められるなら良いのですが。


一方で、どの教室も近所にない場合、
護身術を習いようがありませんね。


であれば、教室がある都心部まで
交通費をかけて行くことになりますが。


それが出来る人とできない人に分かれます。

アナタは、どちらですか?



●あっても通いたくない明白な理由







そして、もう一つの悩みがコレ。

過去に一度でも教室に通ったことがあって
現在は通うのを辞めてる人でしたら、
大いに分かるハズなんですが。



近所に教室はあるけど
通いたくない




そういう理由があると思います。

大体想像がつくのですが、例えば


・人間関係が嫌になった

・一身上の都合で通えなくなった

・厳しい稽古について行けれなくなった


などが挙げられますね。

人間関係に至っては、ある社会人が
お勤め先の会社で何かしらのトラブルを
起こしてしまったとかよくありますね。



そこで、もしもですよ?

護身術のイロハが学べるノウハウの
1時間分も収録された動画があるとしたら
アナタは手に入れたいですか?




⇒自宅で身に付く護身術を知る
(当ブログのトップへ)





PR
2020/01/18 (Sat) 21:24




■護身術をまだ勘違いしている人へ



このブログのアクセス解析を確認したら

「男に勝つ方法」
「女が男に勝つ」


というキーワードが最も多かったです。


上記の画像はそのアクセス解析を
キャプチャ(スクリーンショット)
したものです。

それだけ、男性に勝ちたい女性が
非常に多いということですが。


特に下記の過去記事が最も
アクセス数が多かったですね。



関連記事:
女性・女の子が男相手に喧嘩・護身術で勝つ方法



ただ、これだけのキーワードでは、
何を持って男性に勝つのか、
正直わからないのが本音です。

喧嘩に勝つ、という考えで
グーグルの検索欄に記入したのなら、
もう勝手にしてくれと思います。


一方、護身術を活用した上で勝つ、
という思いで検索したのなら。

これは大きな勘違いでしかありません。


何故なら、護身術と喧嘩は別物ですし、
そして身を守るために使うものです。


目的を見誤ってはいけません。


●そうは言っても・・・







「そんなこと言われても、
 男には本当に迷惑してるのよ!」

「息してるだけでムカツク!」




という声が聞こえてきそうですが。

確かに日本国内だけでも男性の仕草や
行動には目に余るものがあります。


誰かが亡くなった事件の加害者は大体、
という話はまあ置いといて。

例えば夜道を一人で歩いてて、
後ろから不審な男が距離を取って
ついて来る気配がとても怖いですよね。


繁華街を歩いてても、何故かワゴン車が
自分の後を付けているようで気味悪い。

女性にとっては不便なことばかりです。


だから女性にこそ護身術を
身に付けて頂きたいとは思いますが。

同時に、上記の関連記事にも書きましたが、
決して喧嘩目的で使わないコト、です。




⇒変質者を撃退する護身術を身に付ける
(当ブログのトップへ)





2019/10/05 (Sat) 20:37
女性


■体力が無いけど護身術を身に付けたい!




アナタが、ヤンキーや不審者の多い
地域に住まわれてるのでしたら。

当然、護身術を身に付けたいと
思われていることでしょう。


ここでいう護身術とは、自分の体を使い
相手から身を守る術のことです。

その護身術、何を参考にしますか?


YOUTUBE動画ですか?

市販の書籍かDVDですか?

近所の空手・柔道の道場ですか?


より早く身に付けるのでしたら、
その術を熟知しているプロから
学ぶのが圧倒的な近道なのです。



YOUTUBE動画だけでは、
細かいところまでは学べません。

(有料のものがUPされることも
 ありますが大体削除されます)


時に、護身術の達人と聞いて、
どんな人を思い浮かべますか?

日本ではあまりいないのかもしれません。


日本国内となると、護身術のハズが、
何故か空手や合気道を教える人がいるのです。

いえ、確かにそれらの格闘技も
場合によっては護身術として活用できます。


ですが、護身術は本番(現場)にて
とっさに使えるものでないといけません。


スポーツという意味での格闘技では
ルールが適用されるためどうしても
すぐに対応できない癖があります。


だから、スポーツとしてではなく、
言い方悪いですがルールが存在しない
戦場で使える護身術が適任なのです。



そう考えると、ケネス・ダニエルさんの
「コンバットファイティング」
がオススメですね。

彼なら、日本国民がすぐに使える
護身術をご教授してくださります。


何と言っても、彼は、
イスラエル式コンバットファイティング
の上級インストラクターであり、
沖縄少林流空手古武道 心流総本部
琉士会9段 師範です。


ただ、護身術を身に付けたいとはいえ、
本人とコンタクトが取れない以上、
学びようがないですよね。


そこでアナタにご紹介したいのが、
ケネス・ダニエルさんによる護身術の
ノウハウがギュッと詰められたDVD教材



米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で
正式に採用されている科学的護身術
~コンバット・ファイティング


※↑ホームページです。


を紹介したいと思います。



●ケネス・ダニエル「コンバットファイティング」



コンバットファイティング



もちろんタダではありません。

ホームページを確認したところ、



・価格:10,300円(税込)

・販売:スロートレーニング(株)

・オンライン通販
(DVD第一巻55分30秒、
 DVD第二巻27分55秒、
 ダウンロード特典音声26分18秒)




気になるのが、商品名が気になるのですが

米国軍隊、警察、特殊部隊、
米国政府機関で正式に採用


という、ちょっと物々しいですよね。


つまり、実際に軍隊で採用されてる、
テロリスト相手でも通用する護身術、
と考えると凄いですね。

実際コンバットファイティングは、
イスラエルという内戦がある国から
生まれた格闘術なのです。


だとすると、日本国内のヤンキーなんか
赤子同然に思えるかもしれません。笑




●このDVD教材の口コミは?



護身術



で、実際気になるのは


・本当に護身術が身に付くの?

・この教材の口コミは?



というところですね。

ただ、他のレビューブログによる
口コミを確認したら


「このブログからご購入いただいたら
 限定特典をお付けします!」

「今ならお値打ち価格ですよ!」



という、商品の中身とは関係ないことが
沢山書かれてありましたが。

「どの辺が口コミやねん・・・」
と思いました。笑



また他にも

「空手を身に付けたかったのに」

と、空手の教材と勘違いして購入した人の口コミも。


さらにその一方

「こんなスゴイ護身術初めて!」

「本当に痴漢を撃退できた!」


とレビューをした人も。



●こういう考えなら買わないでください



女性



この教材に限らず、何か買う前には、
色んな不安があると思うんです。

なので、あえて申し上げますと、
アナタが現時点でこう思われてるのでしたら
今は買わない方が良いです。



・喧嘩を楽しみたい

身を守るための技術です。

絶対に買わないでください。


・合気道を身に付けたい

合気道をはじめとする格闘技と
護身術はまったくの別物です。

他の教材をお求めください。


・男を片っ端から殴りたい

自分から手を出すならアナタが不審者です。

警察の世話になりたいのですか?


・10,300円(税込)は高すぎる

日本国内で無事に生き残る護身術を
お教えされてる人は他にいません。

また、その教室も滅多にありません。

仮に護身術の教室があっても通い続ければ
かなりの料金がかかります。

それと比較すればいかに安いか一目瞭然です。

それでも高いと感じて支払いに
値しないと察した場合はお控えください。


・最初から返品・返金するつもりで購入

返金保証はありますが、
しっかり実践した方限定です。

最初からそれが目当ての場合は
買わない方が手間が省けます。

(ただし二重決済はその限りではありません。
 またDVDの初期不良で再生不能の場合は新品と交換可能です)



●このノウハウがお勧めという対象者



コンバットファイティング



では逆に、こういう人にこそこの教材を
強くお勧めできる対象者ですが。


なんと言っても護身術を身に付け
不安な生活から解放されたい人ですね。



それも、女性はもちろん、
体力に自信がない男性や草食系男子、
そしてご年配の方、とにかく全てです。

もちろん個人差があるので、
体格と体力によりますが実践可能です。


なんでしたら、格闘技が全くの
初めてという場合でも大丈夫です。

むしろ護身術は、繰り返し言いますが
格闘技とはまったくの別物の技術です。


そのため何年も厳しい
稽古を続ける必要もありません。

むしろ、観て学んですぐに使えます。


言ってしまえば、ケネスさんの護身術を
そのまま真似できると言っても過言ではないです。


そう考えると、10,300円(税込)って
とても安くないですか?


そんな、ケネス・ダニエルさんの
「コンバットファイティング」
はコチラ↓から確認できます。

いつサイトが閉鎖するかわかりませんので
本当にお早めに!




⇒コンバット・ファイティングはコチラ


コンバットファイティング





2014/05/21 (Wed) 23:08
武道


■護身術のために何年気を練る?




護身術を身に付けるために、本格的に
武道をマスターする人がおられますね。

自分の身を守るために努力を惜しまない
決心は良いのですが、一つある問題が。


武道というのは、
それはそれは厳しい道のりです。


マスターしようと思えば
一生掛ける必要があります。


当然ですが、訓練体系もそれを前提と
していることが多いです。

中国のカンフーの中には、それこそ


“気を練る”


ことに数年かけるものもあります。

実戦の訓練はその後というものです。



●目的を見誤ってはいけない




そもそも、護身術の目的で武道を習おうにも
人間本来が持つ本能・無意識の動きとは
全く違う動きをしなければなりません。



あなたの目的は、不審者から自分の身を
守り抜くことのハズです。

世界の頂点に
立つことではありませんよね?


護身術を身に付けるだけでしたら、
もっと短時間で学べる方法があります。

と言うのも、護身術のために
武術を身に付けようにもですよ?


その武術をアナタ自身が
使えるようになるまでに何年もかかったら
意味がありません。


だから、とっさに使える護身術が
一般市民には必要不可欠なのです。



⇒一般人が使える護身術を身に付ける
(当ブログのトップへ)





2013/05/05 (Sun) 15:35



■プロの格闘家VS戦場の戦士




プロの格闘家。

戦場で生き抜いてきた戦士。

この両者が闘ったら、
ドチラが勝つと思いますか?


この手の質問は、実力や個人差は
関係ないものとするのですが。

これがまた意外と回答が分からないのです。


もしルールが適用され、
リングや道場で闘いが行われれば、
プロの格闘家が勝つ確率が高いでしょう。


ですが、ルール無用の実戦ともなれば、
戦場で生き抜いてきた戦士、
つまり体を鍛えてきた者が勝利するのです。


このように、ルールの有無だけで
お互いの勝敗が左右に分かれるのです。

因みに、戦場で生き抜く護身術を、
コンバットファイティングと言います。



これは日本国内において不良から身を守る
方法としては十分な技術です。

それどころか戦場でも活用されるほどの
戦闘術ですから、正直恐ろしいくらいです。


日本には内戦というのが実在しません。

だから、そのコンバットファイティングを
学ぶ機会が殆どありません。

いえ、教える日本人が少ないのです。



●日本国内の無意味な戦い




そもそも、プロの格闘家も
戦場で生き抜いてきた戦士も、
その辺の不良やヤクザとは断じて違います。


面白半分で殴り合いなどするほど
精神的に弱くありません。

なので、この議論は無意味です。


とはいえ、不良は命の大切さを知りません。

だから、争う事・憎しみ合う事の
悲しさを学ぼうとしません。


しかも奴らは、格闘家や戦士ほど
大して身体を鍛えてないのです。

それでいて、自分より弱い一般人に
容赦なく襲いかかるのですよ?


金銭を奪っては暴行を加えたり、
さらには命までもを奪って
調子に乗りますからね(怒)

それが、日本国内の不良です。


●コンビニが人手不足なワケ




そんな輩が日常生活の中で遭遇する可能性が
ありますから他人事じゃないです。

コンビニに行けば、学校をさぼってる
中学生や高校生くらいの不良が
必ず待ち伏せしてますよね?


コンビニといえば、強盗までもが現れます。

強盗が刃物を常に持ち歩いてきますので、
その店の従業員の方にとっては恐ろしいことです。


トラウマなんかになりかねません。

同時に、コンビニの人手不足が発生します。


でもソイツらは、先ほども言いましたが
大して身体を鍛えてもない輩です。

逆に言えば、一般人である私たちやアナタが
護身術を身に付けてさえいれば
撃退することができるんです。



原付に乗った引ったくりや、
大阪のミナミで出歩いてるやくざもしかり。

自分より力の強い相手と喧嘩したことが
無いから十分に勝てるんですよ。



ですが、自分の実力を過信しすぎて、
警察のお世話になってしまわないように
気を付けましょう。笑

相手にしないで済む時や逃げれる場合は、
無理に戦おうとせず極力さけてください。


どうしようもないギリギリの場合に
護身術を使うのです。

そんな、戦場の戦士も活用している
身を守る護身術とは?



⇒一般人が使える護身術を身に付ける
(当ブログのトップへ)





HOME   1  2 
プロフィール
HN:
Naokito
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1986/07/21
自己紹介:
無類のヤンキー嫌いです。私に言わせると日本国内のヤンキーはイスラムやイランのテロ・武装集団と同じです。だってどちらも人の命を何とも思ってないでしょ?
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]