忍者ブログ
護身術を最短で学ぶ方法
護身術を最短で学ぶ方法が分かる,ケネス・ダニエル氏の「米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング」を紹介しています。日常生活において、あなたの身を守れるのはあなただけ。
Admin / Write
2011/07/18 (Mon) 10:55
草食系男子


■Chickenな男の逆襲




アナタは、ケネス・ダニエルさん
という方をご存じでしょうか?

イスラエル式コンバットファイティング
の上級インストラクターであり、
沖縄少林流空手古武道 心流総本部
琉士会9段 師範です。



もちろん日本人ではなくアメリカ人です。

そんな彼が、


●コンバットファイティング




という最短で学べる護身術を考案されました。

これには理由があります。


長年住まわれてこられた日本(沖縄県)
を心から愛されてます。

ただ、その日本国内では最近


・草食系男子


などという言葉をよく耳にしますね。

その「草食系男子」に当てはまる男性が、
不良顔負けのごとく増殖したそうです。


ダニエルさんは日本に対する恩返しとして、
軟弱である「草食系男子」の
減少に取り組まれております。

日本からChicken(チキン:弱虫の男)
をなくすための活動です。


■「野比のび太」なんですが




「でも、僕の様な、ひ弱で駄目な人間が
 強くなれるなんて理論的にも物理的にも
 考えられないんです。
 僕なんてもう、例えるなら、
 ド○えもんの“のび太”ですよ。




自分自身を自らド○えもんの“のび太”
に例える人もいるかもしれませんが。

心配はご無用です。



ダニエルさんはかつて長い間、
ひ弱な新兵を逞しい青年に変えられました。

それができたのも、


・兵士を短期間で猛者に鍛え上げるプロ




だからです。
理屈ではなく、彼らを強くしないといけない、
それこそが彼の仕事です。


強さこそが、彼らの生命を守る唯一のものです。

命をかけて戦う兵士を育てるというのは、
大変な責任のある仕事です。


それと比べて、現在の日本の方達に強さを
伝授する事はそう難しくはないのです。




何故なら、内戦のない現代の日本では、
戦場の過酷な環境で要求されるような
強さを求める必要はありません。




この意味、わかりますね?

つまり、この護身術を身に付けると、
アナタが運動音痴な草食系男子でも
強面のヤンキーなど赤子同然です!



故に、「コンバットファイティング」を
日本人が学ぶ事に難しく考えることはないのです。

その、コンバットファイティングとは。



⇒コンバット・ファイティングを身に付ける
(当ブログのトップへ)


PR
  HOME   7  6  5  4  3  2  1 
プロフィール
HN:
Naokito
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1986/07/21
自己紹介:
無類のヤンキー嫌いです。私に言わせると日本国内のヤンキーはイスラムやイランのテロ・武装集団と同じです。だってどちらも人の命を何とも思ってないでしょ?
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]