忍者ブログ
護身術を最短で学ぶ方法
護身術を最短で学ぶ方法が分かる,ケネス・ダニエル氏の「米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング」を紹介しています。日常生活において、あなたの身を守れるのはあなただけ。
Admin / Write
2013/03/03 (Sun) 14:42
軍隊


■日本では知られない海外の護身術




あなたは、コンバット・ファイティング
(COMBAT FIGHTING)
という護身術をご存じですか?

その護身術が、世界各国にて試合が
行われてると思いますか?


そのようにお考えでしたら、
コンバット・ファイティングには、
試合という言葉は存在しない事を
この機会に知ってください。


レスリングやボクシングをはじめとする
格闘技に加えて、柔道、空手、合気道など
武道とは根本的に異なるものなんです。


もしかしたら、日本に住んでるばかりに
このコンバット・ファイティングを
採用している組織を知らないかもしれません。

海外ではその逆ですが、この護身術を
採用しているところは以下の通りです。



・米国のFBI

・SWAT

・U.S.NAVY SEAL(海軍特殊部隊)

・空軍特殊部隊

・イスラエル軍

・イスラエル国家警察・保安局

・反テロリスト部隊

・スウェーデン軍




あげだすとキリがありませんが、
これは一例にすぎません。

イスラエル式コンバット・ファイティングが
試合もないのに世界中の軍隊で採用
されてる理由が分かりますか?


採用している軍隊、警察、特殊部隊は非常に多いです。

理由としては、以下の2つがあげられます。


1:完全に実戦に対応している

2:本能的な動きを利用しているのでマスターが容易で早い



軍隊や警察といった、犯罪を取り締まる
組織が採用しているということは、
格闘技というスポーツではない理由も
理解できるのではないでしょうか。



●実戦護身術が生まれたワケが・・・




そうです、悲しい言い方をしますが

・自分の身を護るためだけに

・生き残って帰るために


ただそれだけで考案された実戦護身術です。


またの名を、イスラエル式
コンバット・ファイティングと言います。


名前の通り、この護身術は
イスラエル発祥なんです。


つまり、今でも戦火の絶えない
世界最大の紛争地帯から来たのです。



常に生死の境目を歩んでいる
イスラエル軍が命懸けになる。

そのための


・生き残るための戦闘術です



スポーツには基本的にルールがあります。
が、コンバット・ファイティングには
そのルールがありません。



これって、ヤンキーの喧嘩と似てません?

喧嘩だってルールが存在しませんから。


相手が気絶又は死亡するまで続ける、
それが喧嘩というものです。


でも、アナタはヤンキーなんかの喧嘩に
巻き込まれたくないですよね?


ルールが存在しない喧嘩に打ち勝つには、
ルールが適用されない護身術で
身を守るしかありません。



逆に言えば、この護身術を身に付けることで
日本国内のヤンキーは子供同然に
見えてしまうでしょう。笑

それくらい効果抜群なんです、コレ。



⇒一般人が使える護身術を身に付ける
(当ブログのトップへ)





PR
  HOME   9  8  7  6  5  4  3  2  1 
プロフィール
HN:
Naokito
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1986/07/21
自己紹介:
無類のヤンキー嫌いです。私に言わせると日本国内のヤンキーはイスラムやイランのテロ・武装集団と同じです。だってどちらも人の命を何とも思ってないでしょ?
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]