忍者ブログ
護身術を最短で学ぶ方法
護身術を最短で学ぶ方法が分かる,ケネス・ダニエル氏の「米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング」を紹介しています。日常生活において、あなたの身を守れるのはあなただけ。
Admin / Write
2013/06/26 (Wed) 07:34
自転車


■わざとぶつかる男子高校生




アナタが街中の歩道を歩いていて、
または自転車に乗って移動しているとします。

向かい側から来る、自転車の鈴を
鳴らしながらこいでいる男子高校生が
わざとぶつかってきそうな時ってありませんか?



その道が広くてちゃんと前を見ていれば
絶対に接触することがないにも関わらずですよ?

なのに、面白半分でぶつからない
ギリギリの距離まで近づいてくるのです。



本当にぶつかってくる輩がいるのです。

また、これはある友達から聞かされた話なのですが。


ある日、学校から自宅まで帰る途中。

幅6mくらいはある道で、
友達の目の前に男子高校生達が
わざとぶつかってきたというのです。



彼も自転車をこいでいたのですが、
距離10mくらいになったところで
彼は横にそれたのです。

しかし男子高校生達はよけようとする
彼の真正面にむかって、トラブルが発生。


●早い話が“当たり屋”




「おい!テメーどこ見てんだゴラ!
 慰謝料払えコノヤロー!」




そうです、彼の話しによりますと、
その男子高校生達は結局のところ
恐喝目的でぶつかってきたのです。

しかも相手は3人でしたから、
完全に囲まれた状態で襲われたとのこと。


悲しい事に、都会だろうと田舎だろうと、
どこの街でもこういう輩がいるのです。

俗に言われる


“当たり屋”


というチンピラも同然の不良に
襲われる一般人が後をたたないのです。


で、彼はどうなったかと言いますと。

自転車を降りて、相手の男子高校生のうち
一人を突き飛ばし死に物狂いで走りました。



そして近くの建物に避難して、
なんとか怪我を負わずに済んだそうです。

突き飛ばされた相手が自転車に乗ったままで
それで逃げれると確信した彼はそうしました。


もしも相手が自転車に乗ってない
自由に動ける状態でしたら危ないですね。

そんな時、あなたはどうされますか?


周囲の人に助けを求めるのも一つの手段です。

が、誰もいなければ、当然ですが
自分で自分の身を守る以外は方法はありません。



友達も後になって、

「あの時は猛ダッシュで逃げれたけど、
 やはり護身術を学んだ方が良いかも。」


と言っていました。



そう、これからは護身術は必須の技術です。



⇒一般人が使える護身術を身に付ける
(当ブログのトップへ)





PR
  HOME   11  10  9  8  7  6  5  4  3  2  1 
プロフィール
HN:
Naokito
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1986/07/21
自己紹介:
無類のヤンキー嫌いです。私に言わせると日本国内のヤンキーはイスラムやイランのテロ・武装集団と同じです。だってどちらも人の命を何とも思ってないでしょ?
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]