忍者ブログ
護身術を最短で学ぶ方法
護身術を最短で学ぶ方法が分かる,ケネス・ダニエル氏の「米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング」を紹介しています。日常生活において、あなたの身を守れるのはあなただけ。
Admin / Write
2014/03/04 (Tue) 02:26
四日市市朝日町

■三重県四日市市朝日町で



2013年の8月。

三重県四日市市朝日町での女子中学生
殺害事件が発生してしまいました。



殺害したのは近くに住む
県立高校3年の少年(18)。

「1人でやった。金目当てだった」

が動機です。


「四日市市朝日町 女子中学生殺害」

とグーグルなりヤフーで検索すると、
この事件に関するページが沢山出てきます。


「あ~怖い事件ですね」

だけで終わってはいけません。







こういう男が多いためか、
年齢に関係なく女性の殆どは

「男のやることは分からん」

と口を揃えて言うひとも急増してきてます。


が、一括に男は●●と
決めつけるのもどうかと。


●この手の事件から学ぶ教訓



女子中学生殺害事件から学ぶ
教訓があると思うのです。

女性が一人で、それも夜遅くまで
出歩かない事、ですね。



現に、殺害された女子中学生は、
友人と花火大会に行った後、
足取りが途絶えたらしいのです。

時間帯としては午後10時30分過ぎ。


確かに、女性が一人で出歩くには
怖い時間帯ですね。

そこから学ぶべき教訓なんですが


・女性も男性も夜遅くまで、人ケの無い所へ一人で出歩いてはいけない。

・金に飢えている男(未成年含む)に碌な奴はいない。

・護身術(備え)あれば憂いなし。

上記の二つ目の

“金に飢えている男”

ですが、どういうこと?
と思われたのではないでしょうか。


その女子中学生と18歳の少年は、
お互い知り合いというわけではなく、
面識もない、にも関わらず事件が発生。

ちょっと考えてもみて下さい。


社会人の方やフリーターでも、
貯金が十分ある(お金を正しく使う)男性が
わざわざ赤の他人である一般人を襲って
金銭を奪う行為をするでしょうか?



逆に、お金の正しい使い方を知らない男、
煙草やゲーセンにしか使わない
ヤンキーともなると・・・

それこそ、面識がない一般人だろうと
容赦なく襲いかかり現金を奪うのです。


で、3つ目にある

“護身術(備え)あれば憂いなし”なんですが。


突然襲い掛かってくる変質者に対し、
護身術で撃退し、自分の身を守れたら絶対良いです。

一緒にいるお友達だって護れます。


ここでいう護身術とは、別に本格的に
空手や合気道を身に付けるのではありません。

ココだけの話。



戦争に参戦する兵士の格闘技に近いですが
初心者の方でも身に付けられます




“戦争に参戦する兵士の格闘技”

と聞いてゾッとしたかもしれません。


それくらい威力が高く、日本の変質者なんて
キャンキャン吠える子犬に思えますから。



⇒一般人が使える護身術を身に付ける
(当ブログのトップへ)





PR
  HOME   13  12  11  10  9  8  7  6  5  4  3 
プロフィール
HN:
Naokito
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1986/07/21
自己紹介:
無類のヤンキー嫌いです。私に言わせると日本国内のヤンキーはイスラムやイランのテロ・武装集団と同じです。だってどちらも人の命を何とも思ってないでしょ?
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]