忍者ブログ
護身術を最短で学ぶ方法
護身術を最短で学ぶ方法が分かる,ケネス・ダニエル氏の「米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング」を紹介しています。日常生活において、あなたの身を守れるのはあなただけ。
Admin / Write
2016/07/30 (Sat) 16:35
ポケモンGO


■護身術があれば当たり屋も怖くない



2016年7月23日に、

「ポケモンGO」

というアプリが配信されましたね。


おかげで、街中はスマホを片手に持つ人だらけ。

ゲームは確かに楽しいものですが、
やってる人たちはマナーを守れてるでしょうか?


歩きスマホをするばかりに、
画面に集中しすぎてしまい、
周りが見えてないことがよくあります。

その結果、他の歩行者とぶつかったり、
駅のホームから転落したりします。


そして、もっと気を付けなければいけないことがあります。

それは・・・



歩きスマホを狙った当たり屋



というのがいるのをご存じでしょうか?

つまり、例えばアナタが、
ポケモンGOをするために、
歩きながらスマホを操作するとします。


そうなると、周りが見えなくなり、
目の前に人が立ってても気づきませんよね。

当たり屋は、それを狙ってるのです。



●自業自得とかそういう話じゃない



「え?自業自得じゃないですか。」

「歩きスマホも自転車も迷惑だし、
むしろ当たり屋を応援したいです。笑」

「もっと歩きスマホが減るかもよ。
 (^ω^)」




なんて思ってたらいけません!

確かに歩きスマホも、自転車スマホも、
迷惑行為に変わりありません。


でも、だからて意味不明な
賠償金を求めて良いわけありません。

正直、どっちもどっちです。


できることなら、今現在、
移動しながらスマホを操作する人が、
すぐにそれを止めるのが望ましいですが。

そうもいかないのが人間のサガでしょうか。


賠償金を狙った当たり屋はよくいますが、
中には、ぶつかった相手に、
暴行を加える怖い人もいます。

明らかにただのストレス発散です。


そういう、身の危険を感じた場合、
迷わず逃げたほうが良いですね。

近くに人がいるなら、
助けを求めるのも一つの手段です。


当たり屋が暴力をふるってくるようなら、
病院送りにされるかと言いますと、いいえ。

暴力タイプの当たり屋に対抗できる
唯一の手段が、護身術です。



ただし護身術は、本当に相手がわざと
ぶつかってきた時だけにしてください。

そして、自分の身を守るためにも。



最も、一番いいのは、
歩くときはきちんと前を見て、
人がぶつかってきそうな時でも
すぐによけられるような姿勢が最もですけどね。



⇒当たり屋を撃退する護身術を身に付ける
(当ブログのトップへ)





PR
2016/04/23 (Sat) 04:00
熊本地震


■被災者にとって許しがたい行為




2016年4月14日の21時26分。

九州・熊本県において、震度6強の、
大きな地震が襲いました。


被災された方々の無事を祈るしかありません。

そんな中、とても悲しい事件が起きました。


あなたも、この記事を読んでる時点で、
察しておられるのかもしれませんね。



食料支給と偽る誘拐犯



そんな男共のくだらない欲望によって、
ただでさえ被災し精神的に傷ついた人々。

そんな彼ら彼女を誘拐し、
身代金を要求する事件が起きてしまいました。


また、中には、自衛隊の恰好をして、
避難して誰もいなくなった家を探しては、
貴重品を物色する最低な輩もいます。

でも、やはり許せないのは、誘拐犯。



「食料あるよ」



などと偽っては、それを求めてきた人を
誘拐するという行為は最低です!

勿論、車で近づいてくる輩ですが、
熊本県外のナンバプレートには要注意です。



●女性を誘拐する事件




もう一つ、特に多いのが、
女性を誘拐する事件が相次いでいます。


車の中なり、どこか人目のつかない
とこに監禁したりなど。


捕まった女性は、当然、性犯罪に犯され、
さらに精神的に傷つてしまいます。

ただ、誘拐に至っては、女性に限らず、
男性でも注意しなければなりません。


誘拐ですと、幼い男の子が対象ですし、
ご老人でも金銭を奪われたりなど。

じゃあ、そんな怪しい車・支給者に遭遇したら、
助けが来るまで待つしかないのでしょうか?



いいえ
自分の身は
自分で守るべきです




そんな護身術があるのですが、
相手が無理やりアナタ自身を連れて行こうと
したときに使いましょう。

それしか手段はありません。


そこまで体力や腕力に自信がある人ばかり
じゃない方が大半でしょうし。

だから、この護身術は力任せに頼らず、
自分の身を守ることに特化した方法です。



正直、こんなことが起きるで
あろうことは予想してました。

震災が起きて、人権を無視して、
金銭なり人命を奪って楽しむヤンキー共。


奴らには私たち人間の言葉は通じません。

話し合いなんて無意味に等しいです。


だから、あなたとその家族、大切な人の身は、
あなた自身が守ってください。




⇒不審者を撃退する護身術を身に付ける
(当ブログのトップへ)





2015/07/19 (Sun) 20:22
老人


■お年寄りを甘く見る不良を撃退




あなたが70代前後の
お年を召された方(老人)であれば。

今時のチャラい若者・不良共の目に余る
迷惑行為は許せないものでしょう。


そんなチャラい若者を見かけたあなたは、
腹立たしくて仕方ない。

でも、何かしらの迷惑行為をしている
奴らを注意すれば、殴られる。


それぐらい、奴らは社会的常識がない。

いえ、完全に頭がおかしいです。


喧嘩なれている奴ら相手に、
喧嘩慣れしてないアナタにとっては不利です。

でも、あなたが見いつけるべき技術は、
喧嘩ではありません。


力が必要ない護身術です


ケンカで勝つとはいうものの、別にそれが、
自分も喧嘩の技術を取り入れなくては
いけないわけではありません。

要は、相手を撃退できればいいのです。


力が必要ない護身術ですが。

例えば、襟首を掴んでくる力の強い相手を
本能に即した方法でぶっ飛ばすのです。



相手が因縁つけてくる時が大抵この、
例外なく襟首を掴んできます。

あなたが本能のとおり、動き、
同時に相手をぶっとばすと、
相手は恐れをなして退散するでしょう。


それくらい、力が必要ない護身術ですが。

あなたが70代のご年配で、
力に自信がなくとも、心配ないのです。




⇒不良を撃退する護身術を身に付ける
(当ブログのトップへ)





2015/04/06 (Mon) 08:54
DQN


■花粉症と共に湧くDQN




毎年桜が咲く春の季節。

そしてお花見をする人の大半が、
DQNと呼ばれるマナーを守らず
迷惑行為ばかりやらかす集団がいます。


お花見で言う迷惑行為とは、
どのようなものがあると思いますか?

アナタも目撃したことがあるハズです。



・大声で叫び、
 「おをぇーー!」と吐瀉物まで吐く。

・夜になると花火、特にロケット花火を打ち上げる。

・酔っぱらって桜の木に登り、
 桜吹雪と言わんばかりに花を無理やりちぎる。

・BBQを終えた後、
 後片づけは一切せず、
 その他のゴミも放置したまま。




マナー守れないんだったら、
公園の管理者に頼んで、酒禁止、
花見禁止にしてもらいたいです。

せっかくの桜が台無しですし。


ただ、私が許せないことがあります。



●お花見の最中に襲われた!?




あなたは、せっかくのお花見の場で、DQN
いえヤンキーに絡まれたことがありませんか?

酷い時には暴力を振るってきます。


混雑している場所は勿論。

そうでない場所ですら、肩がちょっと
ぶつかっただけでイチャモンをつけ


「気をつけろゴラ!」


と言いながら殴ってきます。

被害者によっては、財布や貴重品を
恐喝で奪われたりすることも。


またその真似事をされて、
怖い思いをされたでしょう。

これがヤンキーカップルとなると
女の前だと男は粋がります。


だから調子にのって、犯罪にならない
程度の嫌がらせを楽しんでるのです。

また、上下ともジャージの服装で
いそうな不良集団とかも要注意です。


あんな輩共は一人でいると
必ずと言っていいほど囲んできます。

あなたは、そんな危機的状況から
無傷で帰れますか?



この時点で、護身術を身に付けてるのと、
そうでないのとでは、
助かる確率は大きく左右されます。



相手は弱者を狙います。

護身術を身に付けてないようでしたら、
間違いなくカモにされます。


誰かに助けを求めようと考える人もいますが
警備員も、誰もいなかったらどうしますか?

だからこそ、護身術が役立つのです。


あなだ自身だけでなく、
あなたの友達や恋人も一緒に
守り抜くことができるのです。




⇒ヤンキーを撃退する護身術を身に付ける
(当ブログのトップへ)





2015/03/14 (Sat) 14:04
女性


■護身術は女性にこそ学んで欲しい、でも。




よく、女子高生やOLといった女性の間で


「ウチのクラスの男子ってデブでブスばっか!
 この世に必要ないKSだよね~。」

「課長っていつも怒りながら指図するよね。
 胴長短足だし背低いし。怒」



と陰口を言う女性が多いですが、それだけ、
嫌な男性があまりにも多いのでしょう。

あなたも、その一人ではありませんか?


同時におアナタは、男相手に喧嘩で
勝つ方法を探していて、この記事


「女性・女の子が男相手に喧嘩・護身術で勝つ方法」


に辿り着いて来たと思います。

確かに、不審者を撃退できる護身術はあります。



でも、ちょっと考えてほしいことがあります。

ここでいう喧嘩とは、
当然ですが口喧嘩ではありません。


相手を物理的に殴る・蹴る、
という行為のことを言います。

何のためにその行為を働きますか?


街中で、不審者と思われる男性が突然
襲い掛かってきて、そのために身に付けた
護身術で撃退することは全然良いです。

襲ってくる相手が悪いですし。


そばに友達がおられ、一緒に守って
あげようとお考えでしたら、尚更です。

ですが・・・



●ストレス解消のためならヤメて




もう一度言います。

ストレス解消のためだけに
男性と喧嘩がしたいだけなら
絶対やめてください



記事冒頭に書いたような、男性への悪口を
言う女性(男嫌い)にありがちですが。

もしそんな女性が、男性相手でも喧嘩で
勝てる護身術を身に付けたらどうなります?



間違いなく、不審者だけでなく
一般男性までもをストレス解消のためだけに
撃退してしまいかねません。




言っていること、わかりますか?

例えば、満員電車の中で、ある女性の隣に、
加齢臭漂う中年男性が立ってたとします。


この手の男性は女性なら誰もが嫌がります。

しかも満員電車という逃げる場所がない所。


でも、その男性は一切の迷惑行為
(痴漢・スリ・新聞を読むなど)
をしない前提での例えです。

それでも、男性が鬱陶しいと感じた女性は、
痴漢でっち上げのために、まず


「痴漢!」


と叫んで、その男性の脛を蹴るでしょう。

蹴られた男性は痛みのあまりしゃがみこみ、
さらに女性はそのスキに男性の
頭や背中を蹴ったりします。


撃退したところで、女性が

「痴漢に遭った」

と言えば確かに信憑性があります。


周りの乗客もその男性に白い眼を向けるでしょう。

要するに



●気に入らないから殴るだけ




という目的のためだけに護身術を
身に付けようとする女性が意外と多いのです。

あなたもそうお考えなら、
護身術は身に付けないでください。



「男はすぐ女にちょっかいを出す。
 だからそうなる前に、
 自分の視野に入った男をすべて薙ぎ払う。」




という、女性特有の絶対的な
正義を押し付ける方もいます。

が、自意識過剰でしかないです。


結局はただのストレス解消です。

そういう女性は、幸せじゃないから
無暗に男性を憎んでいるのです。


有意義に生きてる女性なら
絶対そんなことはしません。

考えることもしないでしょう。



●護身術の目的を間違えてませんか?




護身術は、あなたとその
友達の身を守るための術です。

喧嘩を楽しむための
テクニックではありません。


喧嘩になりそうな状況において、
相手を撃退し動けなくなったら、
端から見ると

“喧嘩に勝った”

ように見えてしまいますが。


でも、喧嘩なんて戦争と同じくらい
醜く悲しい行為です。

よく、ユーチューブ動画なんかで


「ケンカに勝つ方法を教えます」


みたいなタイトルの
コンテンツを投稿する人がいますが。

だから勘違いして


<護身術=喧嘩に勝つ>



と認識してしまう人も多いです。

でも、目的は身を守ることですよね?


身を守るためだけでしたら、
別に護身術を使わなくても、
逃げるだけで良いですし。

逃げられない状況で初めて護身術を使うんです。


そして、大事にならないようにするのです。

最後にもう一度言います。


身を守るために護身術を、
男性との喧嘩を楽しむだけなら
身に付けないでください。



ただ、女性が実践的に使える護身術は確かにあります。

理解して頂いた上で、
以下の記事へとお進みください。



⇒護身術を身に付ける
(当ブログのトップへ)





    1  2  3  4  5  6 
プロフィール
HN:
Naokito
年齢:
33
性別:
男性
誕生日:
1986/07/21
自己紹介:
無類のヤンキー嫌いです。私に言わせると日本国内のヤンキーはイスラムやイランのテロ・武装集団と同じです。だってどちらも人の命を何とも思ってないでしょ?
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]